おまとめローン審査比較

おまとめローン審査比較ナビ

当サイトはおまとめローンに関する情報を掲載しているメディアです。

レイク

新生銀行カードローンレイクALSAのおまとめローンとキャッシング審査

更新日:

今日は新生銀行カードローンレイクALSAのおまとめローン審査とキャッシングの審査について書いていこうと思います。

新生銀行カードローンレイクについて

新生銀行カードローンレイクはその名の通り新生銀行が提供しているカードローンの事です。

銀行系のカードローンであり、新生銀行の知名度が大変高いので非常に多くの方に利用されています。自動契約機も全国にありますし、提携のコンビニも多いので利便性が高いカードローンとなっていますね。

レイクのメリット

メリットその1:選べる2つの無利息サービス

新生銀行カードローンレイクを利用するメリットとして大きいのが選べる2つの無利息サービスの存在です。

1つめは初めての契約であればご契約金額に関わらず30日間無利息というものです。こちらは他の消費者金融で行っている所もありますが、急な出費の際に利息無しでお金が借りれるのは非常に嬉しいですよね。

審査によって利用できる金額は変わってきますが、金額の有無に関わらず30日間無利息となっています。

2つめは初めての場合で尚且つ5万円までの借り入れであれば180日間無利息になるサービスです。こちらは金額こそ5万円と少ないですが、180日間と長い間無利息で融資してもらえるのが大変有り難いサービスですね。

メリットその2:融資までのスピードが早い

新生銀行カードローンレイクを利用する2つめのメリットとして審査スピードが国内トップレベルに早いという事が挙げられます。新生銀行レイクのカード発行までの時間他社と比較するとかなりはやく、このスピード以上で審査してもらえる会社は国内では数えるほどになるでしょう。

急な出費が必要となった時は非常に嬉しいサービスとなっていますね。

メリットその3:お借入前の相談サービスの充実

新生銀行カードローンレイクではお借入前のご融資相談のサービスが充実しているのが特徴です。

まず、サイトにお借入診断のページが用意されておりこちらに現在の年収と生年月日、お借入件数とお借入金額の総額を記入するとお借入出来る可能性があるかどうかを診断してくれます。

また、レイクでは独特なサービスとしてお借入前にお電話でお借入出来る可能性がどれくらいあるかという事と、お借入可能な金額の予測をしてもらえるという3分診断というサービスを実施しています。

デメリット

デメリットその1:審査はやや厳しめ

新生銀行レイクのデメリットを強いてあげるなら審査がやや厳しいところが挙げられます。

当サイトが調査したところによりますとレイクの審査はプロミスやアコム、アイフル等その他の消費者金融が提供しているローンサービスと比較するとやや厳しいかなといった形になります。

口コミ等を見てもレイクの審査に通らなかったものの、アイフルやアコムの審査には通っているという人がいるため他社で断られた場合はレイクの審査に通るのは少々ハードルが高いかもしれません。

デメリットその2:金利はやや高め

新生銀行レイクを利用するデメリットの2つめは銀行系のカードローンにしては金利がやや高めという事が挙げられます。

4.5%~18.0%は他の消費者金融機関と比較するとほぼほぼ同じような金利となっています。新生銀行カードローンレイクは真さスピードも速く、無利息期間等のサービスが充実している素晴らしいサービスですが、返済が長期にわたる予定の時は他の消費者金融を選択した方が良いかもしれません。

レイクのキャッシング

レイクのキャッシングは審査スピードが早く、また借り入れできるATMが多いのですぐに資金が必要で、あまり長い期間は借りる予定が無い方に適しています。

また、女性の方専用のレディースレイクというサービスも用意されているのでキャッシングに抵抗のある女性の方にとっても利用しやすいのが特徴です。

レイクはおまとめローンを行っているのか。

実は新生銀行カードローンレイクはおまとめローンという名前でのサービスは提供していません。

WEBからの新規での一本化(おまとめローン)は実施していないのが現状です。ただし、既存の顧客にはおまとめローンの実施をすることもあるようです。

レイクはキャッシングを検討する時は非常におすすめなサービスですが、おまとめローンを検討する場合は新生銀行グループの新生フィナンシャルを検討するのも良いと思います。

レイクの審査

レイクの審査について

レイクの審査の前提としてまず運転免許証若しくは身分を証明できる書類(健康保険証やパスポート)が必要となってきます。また、ご契約金額が100万円を超える場合は収入証明書も必要となって来ますので事前に準備しておきましょう。

レイクの審査基準

前述した通り新生銀行カードローンレイクの審査基準は他の消費者金融と比較するとやや厳しめと言った印象を受けます。

プロミスやアコム等のメガバンク系の消費者金融機関よりは少し審査基準は高いと承知したうえで審査に臨むと良いでしょう。

審査時間は最短即日可能

新生銀行レイクは審査からカード発行までの時間が非常に早く、他の消費者金融企業よりも素早くカードを発行できる事を売りにしています。そのため急な出費が発生した時に大変有り難いサービスとなっています。(ただし曜日や時間帯によっては時間がかかってしまう可能性もございます。)

無料の借入診断

レイクではお申込み前に無料の借入診断というものを実施しています。これは借り入れの申し込みをする前に融資可能かどうかをある程度チェックするためのものであり、これを利用する事により事前に自分の状況を把握する事が出来ます。

ご利用方法は非常に簡単で、レイク公式サイトのトップページの左側のお借入診断というボタンをクリックして、

  1. 生年月日
  2. 税込年収
  3. 他社借入件数
  4. 他社借入金額

の4つの項目を入力するだけです。

入力して診断ボタンを押すと借入可能かどうかを表示してもらえます。勿論お借入診断で通ったからと言って本審査に通るというわけではありませんが、こちらの診断で通らない場合はそもそも本審査に通らない可能性の方が高いので一度試してみる価値はあるかと思います。

また、レイクの特徴としてオンライン上の診断だけではなく電話でも3分相談というサービスを行っており、オペレーターに電話で現在の年収や他社からの借り入れ件数や借り入れ総額等7つの項目を話す事で借入可能かどうかや、借入可能金額の目安を教えてもらえるというサービスです。

オンラインの借り入れ診断を実施している会社はいくつかありますが、電話での相談を行っている会社はほとんどないのでレイク独自のサービスと言って良いでしょう。

レイクのお申込み方法

パソコン・スマートフォンからのお申込み

新生銀行レイクはパソコンやスマートフォンからのお申込みで全て完結する事が出来ます。

(1)パソコン・スマートフォンより情報を入力
まずはお手持ちのパソコンで審査に必要な情報を記入していきます。氏名や生年月日等の情報の他に現在のお住まいが持家であるか、賃貸であるか、またお勤め先や年収等の情報を記入する必要があります。

(2)審査結果をご連絡
審査完了後に審査結果のメールがレイクから届きます。

*審査結果のお知らせ時間

通常時間帯 8時10分~21時
毎月第三日曜日 8時10分~19時

※年末年始は営業時間外となっておりますのでご注意ください。

また、上記時間帯以外の時間帯でお申込みされた場合は審査結果のお知らせは翌営業日となっています。

(3)ご契約
インターネットか自動契約機でご契約手続きをします。自動契約機の場合はカードが発行されますので、そのカードをレイクのATMか提携コンビニエンスストア(ローソンやファミリーマート・セブンイレブン等)のATMに入れると契約金額を引き出す事が出来ます。また、自動契約機では無くインターネットでご契約された場合でもレイクから所定の口座に即日で振込み手続き行われます。(曜日や時間帯によって即日の融資ができない場合もございます。)

お電話でのお申込み

新生銀行レイクは電話でも申し込みを受け付けしています。

お電話でのお申し込みの場合は電話にてオペレーターの質問に答えるとその場で仮審査の結果とご融資可能金額の目安を教えてもらえます。ただし、お電話では仮審査の結果しか教えてもらえないため、本審査としてのその後のお手続きはホームページか自動契約機で行う事になります。

*お電話でのお申込み受付時間

通常時間帯 8時10分~21時
毎月第三日曜日 8時10分~19時

レイクの金利

レイクの金利は4.5%~18.0%となっておりこれは銀行カードローンの中では高めな部類となっています。金利だけでみると銀行カードローンというより消費者金融に近い形になりますね。

限度額

レイクの限度額は1~500万円となっており1000万以上の融資を受け付けているカードローンの会社と比較すると少し控えめな感じがしますが、日常生活で利用する範囲であれば十分すぎる位大きいです。むしろ1000万とか借りるともはや住宅ローンや事業ローンのレベルになってしまいますね。

返済方法

レイクの返済方法

レイクの返済方法はwebでの返済(pay-easy)と銀行振り込み、自動引き落とし、レイクATM、提携ATMでの返済の4つの方法があります。

(1)webでの返済(pay-easy)
新生銀行カードローンレイクはpay-easy(ペイジー)というサービスを利用してweb上で返済する事が可能です。三井住友銀行やゆうちょ銀行、楽天銀行等インターネットバンキングが利用可能な金融機関の口座を持っていれば利用する事が出来、また手数料は無料なのもポイントですね。流れとしては下記の様になっています。

・レイクの会員ページにログイン

・各金融機関のページにジャンプ

・お振込みのお手続き

・お振込み完了

webでの返済は非常に便利なサービスなのでインターネットバンキングを利用できる金融機関の口座をお持ちの場合は非常におすすめな返済方法となっています。

web返済での注意事項としては金融機関によっては特定の携帯端末やブラウザで動作しない事がある事やシステムメンテナンス等が行われている時間には利用できない事、インターネットバンキングが利用できる金融機関の口座及びインターネットバンキングへのログイン情報が必要である事が挙げられますので注意しましょう。

(2)銀行振り込み
新生銀行カードローンレイクが指定している金融機関の口座へお振込みをする事で返済する事も可能です。レイクが指定している金融機関の一覧につきましては会員登録が完了した後に会員ページの「銀行振込みでご返済される場合のお振込み先」という項目で確認していただく事が可能です。

銀行振り込みのメリットとしてはどこにいてもお振込みが可能な事で、デメリットとしては振込みの際の手数料がこちらの負担になってしまうという事は挙げられます。手数料を掛けたくないという人はATMから返済する方が良いかもしれません。

(3)口座自動引き落とし
新生銀行カードローンレイクでは自分の口座から毎月決まった期日に自動で返済分と金利が引き落とされる口座自動引き落としで返済する事が可能です。口座自動引き落としは会員ページから設定する事が出来、手数料は無料です。期日は毎月14日または27日に設定できますので好きな日付を設定しましょう。

サラリーマンの方は25日が給料日の方が多いと思いますので27日に設定するのが良いかと思います。口座自動引き落としであれば返済のし忘れを防ぐ事が出来ますので、うっかり返済を忘れる可能性が高い方や複数の金融機関に返済を行っている方等は設定しておくと便利かと思います。

※引き落とし日の前日までに口座に引き落とし金額を入れておくように注意しましょう。

(4)レイクのATMでの返済
レイクの自動契約機のATMで返済する事も可能です。レイクのカードをATMに挿入し、返済のボタンを押して任意の金額をATMに入れれば自動的に金利や手数料が引かれる形になります。また、硬貨でのお釣りも出てくるので一括返済も可能なのが便利なところですね。

*ご利用時間

平日・土曜日 7時30分~24時
日曜日・祝日 7時30分~22時
毎月第三日曜日 7時30分~20時

また、レイクのATMでは登録時の電話番号・生年月日・カードの暗証番号が分かればカードを忘れた場合でも返済が可能です。これもレイク独自のサービスで、他の金融機関で実施しているのはあまA0で仮審査の結果とご融資可能金額の目安を教えてもらえます。ただし、お電話では仮審査の結果しか教えてもらえないため、本審査としてのその後のお手続きはホームページか自動契約機で行う事になります。

*お電話でのお申込み受付時間

通常時間帯 8時10分~21時
毎月第三日曜日 8時10分~19時

レイクの金利

レイクの金利は4.5%~18.0%となっておりこれは銀行カードローンの中では高めな部類となっています。金利だけでみると銀行カードローンというより消費者金融に近い形になりますね。

限度額

レイクの限度額は1~500万円となっており1000万以上の融資を受け付けているカードローンの会社と比較すると少し控えめな感じがしますが、日常生活で利用する範囲であれば十分すぎる位大きいです。むしろ1000万とか借りるともはや住宅ローンや事業ローンのレベルになってしまいますね。

返済方法

レイクの返済方法

レイクの返済方法はwebでの返済(pay-easy)と銀行振り込み、自動引き落とし、レイクATM、提携ATMでの返済の4つの方法があります。

(1)webでの返済(pay-easy)
新生銀行カードローンレイクはpay-easy(ペイジー)というサービスを利用してweb上で返済する事が可能です。三井住友銀行やゆうちょ銀行、楽天銀行等インターネットバンキングが利用可能な金融機関の口座を持っていれば利用する事が出来、また手数料は無料なのもポイントですね。流れとしては下記の様になっています。

・レイクの会員ページにログイン

・各金融機関のページにジャンプ

・お振込みのお手続き

・お振込み完了

webでの返済は非常に便利なサービスなのでインターネットバンキングを利用できる金融機関の口座をお持ちの場合は非常におすすめな返済方法となっています。

web返済での注意事項としては金融機関によっては特定の携帯端末やブラウザで動作しない事がある事やシステムメンテナンス等が行われている時間には利用できない事、インターネットバンキングが利用できる金融機関の口座及びインターネットバンキングへのログイン情報が必要である事が挙げられますので注意しましょう。

(2)銀行振り込み
新生銀行カードローンレイクが指定している金融機関の口座へお振込みをする事で返済する事も可能です。レイクが指定している金融機関の一覧につきましては会員登録が完了した後に会員ページの「銀行振込みでご返済される場合のお振込み先」という項目で確認していただく事が可能です。

銀行振り込みのメリットとしてはどこにいてもお振込みが可能な事で、デメリットとしては振込みの際の手数料がこちらの負担になってしまうという事は挙げられます。手数料を掛けたくないという人はATMから返済する方が良いかもしれません。

(3)口座自動引き落とし
新生銀行カードローンレイクでは自分の口座から毎月決まった期日に自動で返済分と金利が引き落とされる口座自動引き落としで返済する事が可能です。口座自動引き落としは会員ページから設定する事が出来、手数料は無料です。期日は毎月14日または27日に設定できますので好きな日付を設定しましょう。

サラリーマンの方は25日が給料日の方が多いと思いますので27日に設定するのが良いかと思います。口座自動引き落としであれば返済のし忘れを防ぐ事が出来ますので、うっかり返済を忘れる可能性が高い方や複数の金融機関に返済を行っている方等は設定しておくと便利かと思います。%0

-レイク
-, , , ,

Copyright© おまとめローン審査比較ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.