おまとめローン審査比較

おまとめローン審査比較ナビ

当サイトはおまとめローンに関する情報を掲載しているメディアです。

モビット

自営業でモビットからキャッシングは可能?自営業でのモビットの審査条件とは

更新日:

銀行や消費者金融からキャッシングのサービスを受ける際にはどのような職業に就いているかも重要なポイントとなってきます。公務員や大企業の社員であれば高評価を受ける事が出来ますが、あらゆる職業の中でも厳しい目で見られてしまう職業の1つに自営業があります。
自営業とは会社を自分で経営している方や、フリーランスとして生計を立てている人が該当します。今回は自営業の人のモビットでのキャッシング審査について説明していこうと思いますので、ご自身で会社を経営されている方や、フリーランスとして生計を立てている方は是非参考にしてみてください。

なぜ自営業はキャッシング審査が厳しいのか?

では何故公務員は大企業の社員がキャッシング会社からの評価が高く、自営業者は厳しく評価されてしまうのでしょうか?主な理由としては自営業者の場合は自分で会社を経営しているわけで、通常は業績によって毎月の収入に変動があります。それに対し会社員や公務員であれば毎月一定金額の給与は振り込まれますし、ボーナスでの一括返済も見込めます。また、万が一現役で働いている時に借入金を回収しきれなかったとしても、退職金によって返済してもらう事が出来る事も大きいです。

会社員と自営業者の審査での収支属性の違い

上記で記載したように公務員や会社員であれば毎月一定の金額が振り込まれ、ボーナスや退職金も存在しますが自営業の方では基本的にそれがありません。ですので当然審査は厳しくなるわけですが、それでは具体的に自営業でモビットの審査に通るためにはどれくらいの収益や収入があれば良いのでしょうか?自営業がモビット等のキャッシングを行っている金融機関から審査される際は過去業績で年間最低200万~300万円ほどの純利益を出せていないと厳しいでしょう。
また、自営業者の方は過去に滞納の履歴があると審査自体がかなり厳しいものになってくるのでその点は注意してお申し込みをするようにしましょう。

モビットの自営業者に対する審査について

自営業者への審査はシビア

上記で記載したように、モビットに限らず基本的にどこの事業者に関しても自営業者の方はかなりシビアに審査されるといっても良いでしょう。
勿論自営業と言ってもかなり幅は広く、個人商店やフリーランスをはじめ、上場できそうな規模まで成長した会社も大きい括りでいえば自営業に入ります。
賃金事業者は借主に対して一番求めているものは収入の安定性です。賃金業者は貸したお金を利子付きで回収しないと商売にならないので至極当たり前の事ですよね。みなさんもお金を貸すとしたら常にお金に困っていて返さない事があった人よりお金を持っていて約束を守る人に貸したいと思いますよね。
ただ、勿論自営業者でも安定した収入があり、事業の利益も200~300万円以上出ているような状況であれば審査に落ちる可能性はまずないかと思います。また、延滞履歴が無い場合も審査に関しては問題ないと思いますので是非一度トライしてみる事をおすすめします。

自営業者がモビットの審査で用意するもの

では、自営業者の方がモビットの申し込みをする際にはどのような書類が必要となってくるのでしょうか?
所得証明書だけで済む場合もありますが、金額によっては営業成績の証明が必要になってくる場合もあります。これは申告した売上が本当であるか、また今後の事業計画はどのようになっているかというもので、勿論借入資金の用途や返済計画まで示さないといけません。
これをクリアしてはじめてキャッシングする事が出来ますので、しっかり記入して審査に通るようにしましょう。

モビットと銀行融資の違い

念のためここでモビットでの借り入れと銀行が提供している事業融資との違いを説明していきましょう。

銀行の事業融資とは基本的に借り入れ資金の使用目的が事業に使う資金に限定されています。よって、融資されたお金を引き出したとしても、自分の好きなものを買ったりする事は出来ないわけですね。
一方モビットで借りたお金は自由に使うためのものなので好きな目的に使えるわけですね。

自営業にも色々ある

事業の規模によっては上記のような心配をする必要は無し

前述した通り自営業者にも色々あり、上場できそうなくらい大きい会社でも自営業は自営業ですし、会社を作ってまだ売上が0の会社も自営業にあたります。
要は自営業だとしても過去の売上実績が優秀であり、またそれを証明する事が出来れば当然審査はパスする事が出来ます。また延滞履歴が無く、他の事業者からの借り入れが無い場合も審査をパス出来る可能性は高いでしょう。

起業して間もない時に借り入れするには?

モビットのような賃金業者が借主の属性を見る場合勤続年数も大切になってきます。要は公務員や会社員でも勤め始めたばかりであるといつ辞めてしまうかは分かりませんし、融資する側も少し不安になりますよね。
しかし勤続年数が長ければ今後も継続して勤務し続ける可能性は高いですし、融資する側も安心して融資する事が出来ます。
当記事では自営業者は審査が厳しめという話をしてきましたが、それではサラリーマンをやめて起業したての人に対する審査はどのようになるのでしょうか?起業したてですから勿論過去の事業の成績はありませんし、審査に通るのは100%無理なのでは。。。と思うかもしれませんがそんな事はありません。
過去に延滞履歴が無く、大きな金額で無ければ十分審査に通る可能性はあります。当然過去に延滞履歴があると審査に通る可能性は下がっていくので普段から延滞はしないように注意して生活していくのが重要ですね。

会社員時代に借り入れしておくのも一つの手

自営業は審査が厳しく、また起業したてとなると当然審査はシビアになってきます。ですので、会社員として勤務していて今後起業する予定がある方はクレジットカードやキャッシングは会社員のうちに限界まで行っておくことをおすすめします。
また、起業してすぐの資金繰りには補助金の使用も有効になってくると思いますので、モビットでキャッシングする前にそちらを検討してみるのも良いかもしれません。

-モビット
-, , , ,

Copyright© おまとめローン審査比較ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.