おまとめローン審査比較

おまとめローン審査比較ナビ

当サイトはおまとめローンに関する情報を掲載しているメディアです。

モビット

モビットの金利を他社と比較&金利を下げる方法

更新日:

借り入れを行う際に少しでも金利を低くしたい・・・これはキャッシングを検討している人なら誰でも思う事だと思います。モビットで借り入れを行う際に重要なのは、モビットの金利の仕組みを知る事です。今日はモビットの金利について紹介と他の金融機関との比較を掲載していこうと思います。
また、最低金利と最高金利の決定方法や、モビットの金利を下げる方法についても掲載していきますので、モビットで借り入れを検討している方も、どこの金融機関で融資を受けようか検討している方も是非参考にしてみてください。

モビットについて

モビットは三井住友銀行グループの金融機関です。テレビのCMや中央線等の広告を積極的に展開しているのと、三井住友銀行グループのモビットという事で非常に知名度の高い消費者金融です。

モビットの金利

金利は年率3.0%~18.0%

モビットの金利は実質年率3.0%~18.0%となっています。銀行系のカードローンと比較すると少し高めですが、一般的な消費者金融の中では平均的な数字です。ただ、銀行系のカードローンは4.0%~15.0%前後の金利の場合が多いのでモビットの場合は最低金利が低く、最大金利も高いのが特徴となっていますね。しかし、3.0%と18.0%ではかなりの開きがありますが、金利はいったいどのように決定されるのでしょうか?

金利は借り入れ限度額で決まる

借り入れする金額によって金利が決まると思われがちですが、実際は借り入れ限度額によって決まります。モビットの最低金利の3.0%で借入をするには、最大借入額の800万円を借りなくてはなりません。しかし800万円の融資を受けるためには総量規制の法律の関係で最低でも年収2400万円が必要で、そのような方は中々いないので現実には難しいという事ですね。100万円以下の借り入れ限度額ではほとんどが最高金利である15.0%~18.0%程度が適用されるのが通常となっています。また、逆に借り入れ限度額が1oo万円以上の場合は法律により金利が15.0%をオーバーする事はないという事を頭に入れておきましょう。

モビット金利を下げる4つの方法

ここではモビットの金利を下げる方法を紹介していきたいと思います。モビットで金利を下げたいと思っている方は是非参考にしてみてください。

1.信用度を上げる

モビットから借り入れを行い返済する事を繰り返すことでモビットからの信用度を高める事が出来ます。モビットにきちんと返済していく事で、モビットから借りたお金をきちんと返す人と認識してもらう事が出来ます。与信等の信用とは異なり、モビットに対する信用が出来るわけですね。
既に借り入れと返済で実績がある場合はモビットのカスタマーサービスに電話するとすぐに金利を下げてくれる場合もあります。ですが、勿論ちゃんと返済していれば必ず金利が下がるというわけではないので過度するのは禁物です。とにかく、日頃から返済期日に遅れる事無く返済していれば限度額が上がったり、金利が上がったりする可能性が高くなる事は頭に入れておきましょう。

2.最大金利(18.0%)の人は金利が下がりやすい

モビットから最大金利の18.0%で借り入れを行っている人は金利が下がりやすいと言われています。当然ながら毎月返済をきちんと行い、返済実績をある程度行っていないと金利を下げる事は出来ないので、焦らずに毎月きちんと返済する事を心掛けましょう。

3.法律が改正する前に借り入れを行った方

平成22年に賃金業の法律が改正されて最大金利が変わりました。22年より最大金利は下がっているので、モビットのカスタマーセンターに連絡すれば金利を現在の法律に従って下げてもらう事が出来る可能性は高いです。金利が下がるにも関わらず高い金利で返済し続ける理由はありませんので、法改正前にモビットから借り入れをしていた場合はすぐにカスタマーセンターに連絡しましょう。

4.総量規制内の借り入れをしている場合

総量規制とは年収の1/3以上借り入れを行う事が出来ない制度の事を言います。逆に言えば、年収の1/3までは理論上借り入れは出来る事になり、モビットとしても他社で借りられるより自社で増額してもらった方が良いので、金利を低くして増額する事が出来るかもしれません。

モビットの金利を他社と比較

会社名 金利 限度額
モビット 3.0%~18.0% 1~800万円
アコム 4.7%~18.0% 1~500万円
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 1~500万円
アイフル 4.5%~18.0% 1~500万円
レイク 4.5%~18.0% 1~500万円

当サイトで紹介している会社を中心に金利を掲載してみました。
最低金利が一番低いのはモビットで、最高金利が一番低いのはプロミスとなりました。
また、こうしてみると下記のような特徴が分かります。

(1)銀行系カードローンの会社は最高金利が低い
(2)消費者金融は最低金利が低く最高金利は高め

最低金利と最高金利について

モビットだけに関わらず、すべてのキャッシング会社には最高金利と最低金利が設定されています。金利を知るためにはまずは最高金利と最低金利の違いについて理解していきましょう。
まず、言葉のままですが最高金利とは最も高い金利を表し、最低金利は最も低い金利を表しています。

モビットの場合は最高金利が18.0%で最低金利は3.0%に設定されているのですが、これでは自分が18.0%の金利で借り入れる事になるのか3.0%の金利で借り入れる事になるのか正直分かりませんし、モビットの金利も安いのか高いのか分かりませんよね。

結論から言ってしまうと、モビットの最低金利の3.0%が適用されるのはモビットの最高融資額の800万円が融資された時であり、100万円以下の借り入れの場合はほとんどの場合最高金利の18.0%が適用される事になりますモビットから800万円の借り入れを行う事が出来るのは年収で2400万円を超えている必要があり、そのような人は全人口の0.4%以下なのでほとんどの場合3.0%の金利で借入を行う事は出来ないという事になります。

また、モビットで低金利で借入をするためには500万円以上の年収と他社も含めた返済の実績が重要となってきます。年収が500万円以上あり、なおかつ返済履歴が良いと100万円以上の借入限度額で借り入れる事が出来るようになり、金利も15.0%を下回るようになってきます。

では、逆に借り入れ限度額が低い人はどのような人なのでしょうか?
借入限度額が低いとそれだけ高い金利で返済をする事になり、借入限度額が高い人と比べて結果的に返済総額は大きくなってしまいます。

借入限度額が低くなってしまう理由

下記のような場合は借入限度額が低くなってしまう可能性がありますので、自分が当てはまっていないか事前に✓しておきましょう。

・自己破産をした事がある
・他社で返済の延滞等の金融事故を起こしている
・年収が300万円を下回っている
・他社からの借り入れが50万円を超えている

返済総額を理解しよう

金利の安さを追い求めてしまうあまり、返済期間についてはあまり考慮しない方も多いかと思います。
でもちょっと待ってください!
確かに金利は低いのが良い事ですが、金利を重視するあまり返済の総額が大きくなってしまっていませんか?
下記の2つのケースを見てみましょう。

*ケース1 15.0%の金利で100万円を借入。3年間に渡り返済
*ケース2 18.0%の金利で100万円を借入。1年間に渡り返済

ケース1の方が金利が低いし、返済期間も長く設定されているので一見お得なように見えますよね。
ただ、金融機関に返済する金利の総額でみるとケース1の場合は15万×3年で45万円なのに対し
ケース2では18万×1年で18万円となります。こうしてみると返済期間が違うだけで27万円もの差が出てきます。

この金額の差は普段意識していない方が多いかと思いますが、予想より大きかったのではないでしょうか?

上記のように例え金利が安くとも返済期間を長く設定してしまうとかなり多くの利息を支払う事にもなりかねないため、金利と返済期間に関しては慎重に設定していくようにしましょう。

金利について深く理解していないと起こるこんなデメリット

上記で説明したような金利に関する事をよく理解していないと下記のようなデメリットが
発生してしまう場合があります。

・予想を超える返済金額になってしまう
・返済金額が増えて返済期間が長くなってしまう
・返済金額が大きくなり返済を延滞してしまう
・延滞金利が加算されて返済総額が大きくなる
・延滞した事により他社からの借り入れや増額が出来なくなる

このような事にならないため、キャッシングをする際は金利についてよく理解した上で
行うようにしましょう。

-モビット

Copyright© おまとめローン審査比較ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.