おまとめローン審査比較

おまとめローン審査比較ナビ

当サイトはおまとめローンに関する情報を掲載しているメディアです。

モビット

SMBCモビットはプロミスにくらべてどうなのか?徹底比較してみた

更新日:

キャッシング・ローンに利用する会社には大手でも数多く存在します。

その中でも特に有名なプロミスとSMBCモビットは、まったく別の消費者金融ではありますが、同じ三井住友銀行グループの企業です。

しかし、同じグループとはいえ規模や借り入れの強み・弱みなども全く異なっています。

ではこの2社で比較したときにどのような人におすすめで、どのような人にとっては難しいのかなど、徹底比較していきたいと思います。

SMBCモビットとプロミスの企業規模と関係とはどんなものか

SMBCモビット プロミス
商 号 株式会社SMBCモビット

(英名 SMBC Mobit Co.,LTD)

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

(英名 SMBC Consumer Finance Co., Ltd.)

登録番号 関東財務局長(6)第01239号
日本貸金業協会会員第002980号
関東財務局長(11)第00615号
日本貸金業協会会員 第000001号

まず驚きなのが、プロミスは会社の名前ではないということ。SMBCコンシューマーファイナンスという名前となっています。SMBCモビットは同じ系列といえども本体とは少しはなれた所にいるようなイメージですね。

大きさとしてはプロミスの方が有利ではありますが、正直あまり気にするところでもないというのが実情ですね。グループ企業としての大きさはすごいですが。

キャッシング条件等について比較してみる

SMBCモビット プロミス
借入条件 満20歳~69歳
安定した収入がある
会社基準を満たす
(アルバイト・パート・
自営業も可)
満20歳~69歳
安定した収入がある
(パート・アルバイト可)
限度額 800万円 500万円
金 利 3.0%~18.0%(実質年率) 4.5%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率)
申込方法 パソコン、携帯、
スマートフォン、電話、
郵便、ローン申込機
パソコン、携帯、
スマートフォン、電話、
郵便、自動契約機、
三井住友銀行ローン契約機、店頭窓口
貸付方法 ATM・振込 窓口・ATM・振込
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済方法 ATM・振込・口座振替 ATM・口座振替・インターネット
返済期間 最大で106回(最長8年10ヶ月) 最大で80回(最長6年9カ月)
必要書類 本人確認書類
(運転免許証や健康保険証、パスポートなどのコピー)
収入証明書類
(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書などのコピー)
本人確認書類
(運転免許証、健康保険証、パスポートなどのコピー)
収入証明書類
(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書の間近2ヶ月+1年分の賞与明細書などのコピー)
※収入証明書の提出は、希望借入額による。

いままで金利や限度額ではやや劣っていた印象だったSMBCモビットですが、最近新しく金利と限度額が設定されました。最低金利は3.0%で限度額は800万円となり、プロミスをはじめとする大手消費者金融企業と少し差をつけた形になります。

プロミスとSMBCモビットで大きく違ってくる部分の一つに、必要書類の提出についての項目があります。

プロミスでは在籍確認(勤務先に電話等で本当に在籍しているか確認があること)がありますので、収入証明に関しては限度額によりけりですが、SMBCモビットの場合はWEBですべてが完結するような仕組みになっているため、在籍の確認の代わりに収入証明の提出で手続きをすすめます。

収入証明の提出がある分、SMBCモビットのほうが書類が多く必要となり手間がかかるような印象がありますが、私はそんなことよりも在籍確認をされる方が心配になります。

在籍確認自体は「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」というルールがありますので影響は全くないのですが、何となく心配になります。さらにプロミスでも、希望の額が50万円を超えたり、他社との利用残高の合計金額が100万円を超える場合等では収入証明書が必要となるので、やはりSMBCモビットの方に分があるような印象です。

 

それほかにも申込の対応や扱っている商材・サービスなどの細かな部分では違いがありますが、大まかに言うと上のような違いがあります。

申込方法の項目において店頭窓口の有無でわかるかも知れませんが、SMBCモビットには店頭がありません。その分電話の対応はしっかりとしていたり、何より申込みをPC・スマートフォンからWEB完結ですべておこなってくれるのがSMBCモビットの強みではありますね。

SMBCモビットのお申し込みはこちら↓
 SMBCモビットはプロミスにくらべてどうなのか?徹底比較してみた

SMBCモビットの特徴について

「WEB完結」(PC・スマートフォンから)

SMBCモビットが他社と比較して大きく違う部分は「WEB完結」(ただしPC・スマートフォンからの申し込みになります。)です。まさにこれがSMBCモビットの一番の売りであることは間違いないでしょう。

会社の規模もあるかもしれませんが、店舗も持たず経費がかからない営業展開を行っています。これはSMBCモビットの大きな特徴と言えますね。

その内容も「WEB完結」という名前なだけあり、電話や郵送でのやりとりがありません。もちろん、基本的には申し込みがすべてPC・スマートフォンからWEB完結できるような仕組みをとっています。(ただし、状況によって電話が必要となってしまう場合もあります。)

先ほども言いましたが、電話連絡なしということも大きな強みの一つです。第三者には絶対に知られないようになってはいますが、キャッシング会社から電話がかかってくるというだけで気分は良くないですよね。

その電話連絡がないぶん、家族や会社に内緒で借り入れしたい人にはかなりおすすめなキャッシング会社であることは間違いないですね。

 

また「WEB完結」(PC・スマートフォンからの申し込み)ではカードの発行がないため、借り入れをする際も他人に知られることなく実施できます。家族だけでなく、周りにキャッシングをしていることを知られたくない人にはこの上ないキャッシング会社だと思います。

 

もちろん、「WEB完結」(PC・スマートフォンからの申し込み)でなくとも、申し込みはできますし審査までは早く対応してもらえます。ただし、書類の郵送などにより審査後の流れによっては多少なりとも時間が掛かる事があります。

時間がかかるとはいえ、電話などで急いでもらうように伝えると急いでくれることもあるようです。このような柔軟性もSMBCモビットの大きな強みですね。

 

審査〜融資までが早い

SMBCモビットの「第二の売り」はその審査の早さです。まずはSMBCモビットではもうおなじみの10秒簡易審査というものがあります。もちろん仮の審査ではありますがすぐに結果が一度見れるというのは安心ですね。

その10秒簡易審査で大体の融資の有無がわかったあとは30分ほどで本審査の結果がでます。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
30分というのも、他社と比較すると圧倒的な早さであることがわかりますね。

また、SMBCモビットは審査だけではなく融資も早く行ってくれます。いくら審査がスピーディに行われていても融資までに時間がかかってしまっていては意味がありませんので。

SMBCモビットは申し込んだその日、つまり即日での融資を可能としている消費者金融のひとつです。ただし、どの時間に申し込んでもすぐに融資が受けられるわけではありません。

即日の融資が必要ということであれば、14:50までに振込み手続きを完了させる必要があります。申し込み始めてからすぐに申し込みが完了するわけでもないので遅くとも14:30、念には念を入れて14:00までには申し込みを始められるようにすれば安心だと思います。

フリーダイヤルでその場で融資可能

SMBCモビットは申し込みのPC・スマートフォンからWEB完結を一番の強みにしていますが、電話の対応も随一です。先ほども話には出しましたが、SMBCモビットには実際の店舗がありません。

実際の店舗をもたず、出来るだけ経費がかからないような営業の方法をしているため他社と比較してかなりコストパフォーマンスの良い会社だと言う事がわかります。

しかし、規模感としては正直プロミスなどの大手と大きく差はありません。つまり、多くの部分を電話対応などの人件費などにさけるというわけです。

こうした理由からも予測できるように、SMBCモビットでは実店舗がないという不利を完璧に補えるくらいの電話対応の良さが強みとしてあります。

実際に申し込みをするときに、どうしても急ぎでお金が必要となってしまったときには電話にて早めに対応してもらえるようにお願いすることも可能です。他のキャッシングの企業だとあまりそのような要望は受け付けていない企業が多いので、SMBCモビットを利用する人にとっては嬉しいポイントの一つですね。

会員サービス「Myモビ」がある

 各種手続きや、照会などでは会員サービスの「Myモビ」を活用することができます。これもネットを活用したサービスですね。SMBCモビットのPC・スマートフォンからWEB完結と関連したサービスで、WEB内で様々な設定が出来ます。

「Myモビ」でできるような設定は以下のようなものになります。

  • 振込キャッシングの申し込み登録内容の変更
  • 契約内容や利用内容の照会
  • カード紛失の際の連絡

まぁ、カード紛失の際の連絡なんかはWEBじゃなくて電話ですぐに済ませたいという人が多いのですが、振込キャッシングの申し込み登録内容の変更等はWEBで出来る事に越したことはありません。

なんども言うようですが、、SMBCモビットはまわりに知られたくない人や早くキャッシングがしたい人などにはおすすめのキャッシングであることがわかりますね。

SMBCモビットの弱点をあえて言うのであれば

周りに知られることはなく融資スピードも申し分ないという願ったり叶ったりの何かと便利なSMBCモビットの「WEB完結」(PC・スマートフォンからの申し込み)ですが、弱点が全くないわけではありません。

では、SMBCモビットの弱点を合えて言うならばどんな部分があるのでしょうか。

一つ言うのであれば、「PC・スマートフォンからWEB完結」にある条件ですね。

それを利用する際には下の2つの条件をクリアしなくてはなりません。

  • 三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行に本人名義の普通口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っていること

これらの条件を満たしていなければ「PC・スマートフォンからWEB完結」に申し込む事はできません。SMBCモビット自体に電話や郵送等で申し込みをすることはできるのですが、PC・スマートフォンでのWEBからの申し込みよりは手間が掛かってしまうでしょう。

 

それ以外にも、さっきお話ししました申し込みの際の必要書類の違いが出てきます。本人確認書類はプロミスでもSMBCモビットでも必要なのは同じですが。所得証明書に関してはSMBCモビットでのみ必須となっています。

プロミスで借り入れをする場合には借り入れ希望額が少ないようであれば必要はないので、その分SMBCモビットよりもすぐに借り入れが出来るというポイントがありますね。(ただし審査時間な融資までのスピードはややSMBCモビットの方が早い印象です。)

 

SMBCモビットの場合、基本的に所得証明書類が必要となっているため、書類の用意にひと手間掛かってしまいます。もちろん、家で作業が出来る時間がある人は、一通り用意をしてしまえば、あとの手続きは簡単でしょう。

 

また、重複しますが、SMBCモビットは従業員の規模から見て分かるように店舗がありません。SMBCモビットではPC・スマートフォンからのWEB完結が中心なのであまり関係がないのかもしれませんが、店舗で契約をしたいという方にとっては少し不便かもしれません。

実際店舗の方が必死さや実情が良く伝わるので審査等を柔軟に受けてくれるという話もあります。

とはいえ、上記のような弱点はあまり決定的なものではないような感じがします。それだけSMBCモビットは柔軟性の高いキャッシング会社なんだということがわかりますね。

プロミスの特徴はどんなものがあるのか

SMBCモビットと比較してプロミスにはどんな特徴があるのかまとめてみました。

金利が安く年齢条件も広い

SMBCモビットよりも金利は少し高くなってしまいますが、基本的な金利は大手のキャッシング会社と比較するとやや低めだと言うことがわかります。

もう若くないから借り入れができない・・なんて思っている方にはおすすめですね。

30日間無利息サービスがある

初回のみ、借入日の翌日から30日間無利息で利用できます。

これはかなり大きなポイントですね。短期間で完済をしようと考えている方や、小額の借り入れをしようと思っている方にとってはおすすめなサービスですね。

30日以内に返済できれば利息がかかりませんし、それ以上借りる場合も30日分利息が浮きます。これは大きな額を借り入れする場合にもお得ではありますね。つまりあって損はないサービスです。

ただし、事前に下記の条件を満たす必要があります。

  • 申込みの際にメールアドレスを登録する
  • 明細をWeb明細にする

Web明細にすると、明細が郵送などではなくWEBで確認をするようになります。Web明細への変更は、プロミスの会員ページから行うことができるようです。

個人的には自宅などに明細がきてしまっても困るので、WEB明細の方がおすすめですね。

 

一点、初回利用翌日から30日間という期日があるので、その点を忘れないようにしなければいけませんね。

 

PC・スマートフォンからのWEB完結が新しく始まった。

2015年11月より、SMBCモビットと同じようなPC・スマートフォンからのWEB完結サービスが新規で始まりました。対象金融機関は200行以上です。

WEBで完結するサービスといえばこの記事でもSMBCモビットの時にご紹介しましたが、プロミスでもやはり参入してきましたね。

このサービスのおさらいとして、下記の4点をさらっと確認です。

  • カードが発行されない
  • 自宅への郵送物なし
  • 借入れは振込キャッシングで行う
  • 返済は口座振替で行う

WEB完結に関してはやはり周りにばれたくないという人にとっては大きなメリットであることは間違いありません。その点、プロミスでも借り入れをしやすくなったのは言うまでもありませんね。

しかし、プロミスのPC・スマートフォンからWEB完結サービスは2015年11月から始まったサービスなのでSMBCモビットと比較するとWEBだけで契約をするということにあまり慣れていません。

その点でやはりPC・スマートフォンからWEB完結においてはプロミスよりもSMBCモビットの方が分があるように感じますね。あまりプロミスでWEB完結を使ったこののある人の話も聞かないので、今後どのような改善策が出てくるのかが気になります。

 

なお、PC・スマートフォンからWEB完結サービスを選んだ場合でも、自動契約機に行けばカードを発行することができます。その点は安心してください。

 

最短1時間で融資が可能

プロミスは、最短1時間で融資を受けることが可能です。しかも実際に融資にかかる時間としては約1時間程度だという話しも良く聞きますね。

「最短」としているのは借り入れ客とのトラブルを回避するためでしょう。基本的には1時間程度を目安に融資が受けられると思ってしまって間違いありません。

 

融資までの時間はどの業者も速くなってきてはいますが、最短1時間融資を宣言しているのはプロミスとアコムだけなんだそうです。SMBCモビットも即日融資を行っていますが、1時間融資を宣言しているわけではありませんね。

融資スピードだけで見るとSMBCモビットと比較しても遜色はないように感じます。審査時間も約30分程度なのでSMBCモビットとほとんど同じといっても過言ではありませんね。

ただ、SMBCモビットでは仮審査が10秒簡易審査というメリットがあるのでその点ではSMBCモビットの方が有利かなとも思います。

店舗で直接顔を見て申し込みたい人には当然店舗で出向けば、手続きまでの時間は多少必要でしょうが、その場で融資がしてもらえます。この点SMBCモビットでは実際の店舗はないので柔軟な対応はプロミスならではですね。

 

WEB会員サービスが充実している

SMBCモビットにも「Myモビ」という会員サービスがありましたが、同じようなネットでの会員サービスがプロミスでもあります。但し特殊な名称はないようですね。

もちろん登録変更の手続きや利用明細の照会などもできますが、その他、SMBCモビットとは違った便利な点があります。

 

まず、ネットでの借り入れや返済の手続きができることです。「瞬フリ」と言う振込キャッシングや「口フリ」と言った口座振替、インターネット返済もできますが、これらの手数料が無料となっており、この点はかなりメリットになるのではないでしょうか。

 

また、ポイントサービスがあり、会員画面にログインするだけでもポイントを貯めることができます。この溜まったポイントを活用すると無利息サービスが利用できたり、なにかとお得なサービスが待っているので有効利用できるような方にはおすすめです。

電話での在籍確認をどうしても避けたい・・・

プロミスではSMBCモビットとはちがい、在籍確認が必ず付いて回ります。というか通常、カードローンの審査の際は勤務先への在籍確認が行われます。

在籍確認とは、プロミスの担当者があなたの勤務先に連絡をして「○○さんいますか?」と確認する作業の事をさします。

もちろん、プロミスで借り入れを考えていることや既に借り入れしていることを第三者に意図的に伝えてはいけないというルールがあるので、「プロミス」という名前は絶対にでません。

本人以外は用件を明かすことはありませんが、「勤務先に電話をかけられること自体がイヤ」という方も多いでしょう。実際に私もなんとなく、嫌な気分になります。

 

これはほとんど必ず行われることではありますが、プロミスでは、そういった方を対象に電話での相談も受け付けています。

「どうしても電話での在籍確認が嫌!」という場合には、申込後すぐにプロミスへ電話をしてみましょう。

なんらか別の対策をとってくれる可能性はおおいにあります。

 

それ以外にもプロミスは、自営業者向けのカードローンやレディースキャッシングなど、幅広い層に向けた商品があるのでおすすめのキャッシング会社であります。

プロミスの弱点は何があるのか

SMBCモビットでもご紹介したキャッシング会社の弱点についてですが、プロミスについてもご紹介しておきます。

さっとご紹介すると以下のような項目があります。

  • 電話連絡がはいる
  • 提携ATMを利用する際には、手数料が発生する場合がある
  • 総量規制対象

総量規制対象になるということや、提携ATMを利用する際に手数料がかかってしまうことなどはプロミスだけではなくSMBCモビットでも、どこの消費者金融でもある事で、プロミスだからこその弱点というわけではありません。

逆にプロミスではWEB会員サービスのポイントをためていくことによってATMを利用した返済の際には手数料が無料になったり、そもそも特定のATMでは無料というメリットもあります。

 

ただ、やはり気になるのは電話連絡の問題。これだけはいくら相談出来るとはいっても、実際にはあまり回避するのは得策ではありません。

プロミスにとっても、会社に電話されるのをいやがっている人をみたらなんとなく不信感をもってしまうことは当たり前だと思います。そのような人に借り入れを優先的に行うかをかんがえてみると、決してそうではないでしょう。

絶対に電話連絡なしという方はSMBCモビットを申し込む方がおすすめですね。

 

 

結局どちらの方が良いのか。

個人的な意見を言うとSMBCモビットの方がおすすめです。

まず、金利が安いというところ、それにPC・スマートフォンからWEB完結でき、電話連絡がないことも大きなメリットです。長期的な借り入れや金額の大きい借り入れをする際にはSMBCモビットの方が有利に働くことは間違いないでしょう。

 

プロミスの場合ですと30日間利息無料のキャンペーンはあれど、結果的に金利が安い方が利息等も含めた合計金額は安くなっていることが多いです。

その他会員サービスも充実しており、ポイントのサービスも充実しているプロミスですが、私はあまりポイントを豆に利用するほうではなく、結局無駄にしてしまうことの方が多いのが現状です。実際にそのような人は多いのではないでしょうか。

 

「ポイント」という制度はかなりお得なように感じますが、実際に利用しなくてはお得とは言えませんね。

 

結論からいうと、30日以内に返済するというのであればプロミスで借りる事をおすすめできますが、その他の場合に関してはSMBCモビットの方がおすすめだと私は思います。

SMBCモビットのお申し込みはこちら↓
 SMBCモビットはプロミスにくらべてどうなのか?徹底比較してみた

 

 

-モビット
-, , , , ,

Copyright© おまとめローン審査比較ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.